> もどる

菱川師宣記念館

菱川師宣記念館は、国道127号線沿いの「道の駅きょなん」に隣接しています。
浮世絵の創始者・菱川師宣は保田(鋸南町)で縫箔刺繍を業とする吉左衛門の子として生まれました。
生年及び在郷年代は不明ですが、青年期に画技を志し、
その後江戸に出て浮世絵師として大成しました。
特に木版画の分野に新しい様式を生み出し、浮世絵版画創始期の第一人者と目されるにいたりました。
芸術や歴史好きの方は一度訪れてみてはいかがでしょうか?
浮世絵は世界的にも評価が高くなっていますので、
外国人の観光ルートに組込むのも良いかと思います。

> 菱川師宣記念館の詳しい情報(外部サイト)

> もどる